判例法理 取締役の監視義務

共著 近藤光男(編) 中央経済社 2018年3月

すでに刊行されている「判例法理 経営判断原則」の続編として、同様のスタイルで多数の判例を整理し、整合的に理解するという視点に立って、会社法研究者および弁護士からなる研究会の5年間にわたる検討成果をまとめたもの。昭和25年商法改正後の監視義務に関するわが国の裁判例について詳しい分析を行い、裁判所の判断が導き出された要素や裁判例の評価を各事案ごとに論じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です